事業の概要
鉄道と道路とが平面交差していることによって、主要な踏切において慢性的な交通渋滞が発生し、市街地が分断され、都市の均衡のとれた発展が阻害されるなど、安全で快適なまちづくりを進めるうえで大きな障害となっています。
知立駅周辺は、名鉄名古屋本線・三河線によって市街地が分断され、特に駅の東の本線と三河線の接した踏切りでは、遮断されている時間が一日10時間50分ときわめて長い状況にあり朝夕のラッシュ時は特にひどく ”あかずの踏切り” と呼ばれています。
そこで、これらの問題を解決し、都市交通の円滑化、周辺市街地の生活環境や都市機能の向上を図るため、知立駅を中心とした名鉄名古屋本線及び三河線の連続立体交差事業を行っていきます。
連続立体交差事業は市街地において踏切が数多く連続する区間について、鉄道を高架化し、数多くの踏切除去あるいは新設道路との立体化を一挙に実現します。 さらに、土地区画整理事業や街路整備事業など各種事業と一体となって市街地整備を行うことにより知立市が目指す『輝くまち みんなの知立』を実現します。
また、早期に事業効果を発揮し、より効果的な事業とするため、名古屋本線の県道安城知立線より西側(名古屋より)と三河線を一期施行、県道安城知立線より東側(豊橋より)を二期施行とする二段階施行により事業を行います。

知立連続立体交差事業